干支

【干支(かんし)】四柱推命で特徴のある五行や性質をもつ干支をご紹介

今回は四柱推命の干支(かんし)の特徴や五行の性質や三合の解釈についてご説明したいと思います。

この記事はこんな方にオススメ

・四柱推命の干支について知りたい人
・干支の五行に関する性質を学びたい人
・特別な干支(かんし)について学びたい人

~四柱推命~特徴のある干支(かんし)とは?

四柱推命を推命する上で、個々の干支を理解していると、推命の質を上げることができます。

60種類の干支がある中、何が特別なのか。

特別な内容としては、特別な干支はある五行が強まりやすいことや干支の中で干合しているなど、

干支を十二支と十干に分解することでわかる性質や火の五行をもつ十二支が水を帯びやすいなどの特徴的な干支が60種類の中にはあります。

今回は特別な干支をピックアップしましたのでご紹介します。

~特徴のある干支~癸巳

癸巳(みずのとみ)という干支は、天干が癸(みずのと)、十二支が巳(み)です。

この癸は普段は比較的小雨な状態ですが、警報を発令するような暴風雨となることもあります。

日   大年
癸   己乙
   酉丑

この癸は酉巳丑の三合金局及び巳申の支合により、癸が非常に強まりやすい干支です。

一見、癸から巳を剋し、通根していない干支なので、比較的穏やかだと予測できますが、非常に強い自分を潜在的に持ち合わせていることが特徴的な特別な干支です。

四柱推命では、火運の巳でありながらも、水運に180度変わってしまう場合もあり、推命では注意すべき干支の一つです。

~特徴のある干支~乙酉

乙酉(きのととり)という干支は天干が乙(きのと)、十二支が酉(とり)の一見身弱な干支です。

しかし、酉の蔵干を見ると、庚辛が内在し、天干の乙と蔵干の庚が干合しています。

日   日
乙   
酉   酉
絶   建

乙が干合により辛に変化するのかは命式や運命の五行の偏り次第ですが、乙酉は干合しやすい干支であり、もし干合し辛酉になると、十二運は絶から建禄になります。

品の良さを醸し出す雰囲気をまとう乙酉は潜在的に負けず嫌いでプライドの高い美的感覚に優れた強さをもつ辛酉の性質を持ち合わせています。

この乙酉という干支は水の天干をもつ干支とは相性は良好ですが、干合後も辛であることから、天干が甲の干支とは比較的相性は好ましくないことが予測できます。

~特徴のある干支~甲寅

甲寅(きのえとら)という干支は天干が甲(きのえ)、十二支が寅(とら)の身強の干支です。



甲寅は甲に通根しているため、比較的身強です。

そして寅という十二支は寅亥の支合や午寅の半会から生じる火の五行による反生作用により甲を強めやすいという特徴があります。

甲寅は建禄という十二運が割り当てられていますが、60干支の中でも特に優れた強さをもつ干支であることがわかります。

~特徴のある干支~己亥

己亥(つちのとい)という干支は天干が己(つちのと)、十二支が亥(い)の干支です。

この己亥は比較的良質な辛を強める作用があります。

金の干支は土に埋もれやすいことが知られており、土の作用により輝きを失いやすく、土を洗い流す適切な水の五行や土を抑える役割をもつ木の五行が必要となります。

己亥という干支は元々亥水を内在しながらも、寅亥の支合および卯亥の木局半会により金を生じる土の干支として整った環境を持つ干支です。

陰の干同士であることも辛を強めやすい干支であることを押さえておきましょう。

 

~四柱推命~合の解釈

合の解釈をする上で強まる五行が金であるとき、庚か辛のどちらの意味に近くなるのかマニアックな要素を交えてご紹介します。

~三合金局~酉巳丑の三合

酉巳丑の三合金局が成立すると、金の五行が強まりますが、金の五行の干には庚(かのえ)と辛(かのと)があります。

結論から言うと、「辛」に近くになります

酉、巳、丑が内在する干支の天干には必ず乙丁己辛癸です。

乙丁己辛癸      
酉酉酉酉酉

三合金局が成立するために必要な干支には庚は酉の蔵干にのみ帯びているため、生じる金局の干支は比較的辛が多くを占めることが予測できます。

実際に、現実的な出来事においても辛金に近しい意味になると思いますので、推命に活用してみてください。

 

ABOUT ME
占い鑑定LUA.com
占い鑑定LUA.com
占い鑑定LUAでは主に、四柱推命などの詳細知識、占い鑑定を公開しています。四柱推命では詳細な理解のため、幅広い内容をカバーし、初心者から中級者までの方々にご堪能していただけます。
ビーナスベッド