霊能力

オーラが見えるは嘘?オーラ各色の意味と不思議な現象・特徴を簡単に解説します

この記事はこんな方にオススメ

・オーラに興味をもつ人
・霊能力に興味がある人
・手のオーラ色の意味を知りたい人

見えないはずのオーラが見えることは嘘ではなく、想像と霊視により見えることがあると言われています。

霊視によりその色の意味とオーラに宿る想念がわかる人は対面占い等でオーラ診断として取り入れていることがあります。

しかし、感覚や直感により判断されるため、診断の結果は能力者により異なることもありますが、優れた能力者はTVや雑誌等で取り上げられています

霊視で見えるオーラですが、その色の意味や不思議な現象・特徴についてわかりやすくまとめたのでご紹介します。

オーラは見えるの?不思議な霊能力とは

不思議な霊能力、色のあるオーラとは

オーラとは肉体から放射状に放たれる、色をもつエネルギーとされます。

テレビや雑誌で頻繁に取り上げられ、霊能力者が霊視によりオーラの色を診断し、その時の感情や性格を読み取ることができると言われています。

オーラの色は種類があり、例えば、赤色は情熱、青色は冷静などを意味します。

科学的見解では、電磁波や磁気的なものがオーラなどとも言われることがあり、未解明な部分が多いオーラは不思議に満ち溢れています

オーラが見えるは嘘なの?

見えることが嘘と言われることがあるように、不透明な部分が多いオーラの存在ですが、スピリチュアリストとして活動する人なども存在し、優れた霊能者は各メディアなどで取り上げられています。

オーラが正確に肉眼で見える人や、条件が整う際にふとした一瞬見えるようになるなど様々な様態があります。

想像と霊視により、遠距離の対象者のオーラを理解できる優れた霊能者がいるなど、オーラの見え方や診断法もまた様々だと言われています。

占い鑑定では、オーラ診断ができる占い師がおり、対面鑑定ではない以上、霊視で遠隔診断がなされています。

強いオーラの特別な作用とは

感情や精神状況により手から放たれる量が変わると言われるオーラですが、人の口周辺などを一時的に変形させる効力があるなど意外な作用をもちますが、洗顔により元に戻ります。(※人中(じんちゅう)という鼻の下のくぼみが戻らなくなることがあります。)

したがって、手の指先で必要以上に自分の顔を触る、擦ることは控えた方がいいでしょう。

極めて強いオーラを放つ手のひらを顔にあてると、霊体の顔に変わっていくように見える場合などもあるほか(龍の顔など)、浮腫みやすくなります。

危機的状況では、体がオーラの衣で包まれ、衝撃や火傷などから身を守る特別な作用が発揮されることがあります。

本当?黒いオーラの意味とは

結論から言うと、黒いオーラを放つ人は亡くなる前の状況にあるとされています。

しかし、オーラの色に関係なく、数日前に元気だった人がコロッと亡くなることもあり、必ず亡くなる直前に放たれるわけではありません。

病院で治療している人や自宅療養中の方だけではなく、元気な人の体の特に不調部位が黒みがかったオーラとして見える場合があり、肉体のオーラを霊視して体の不調部位を言い当てる生まれながら特別な力をもつ霊能者も中にはいます。

人によりオーラが見える程度は異なりますが、正確に肉体のオーラの色が見えるようになることは難しい場合がほとんどですので、気になる人はオーラ診断を受けることをおすすめします。

ピンク色のオーラの意味とは

オーラはその時々の精神状況によっても変わり、恋愛する人や慕う気持ちを持つ人は、ピンク色のオーラを放つ・持つと言われています。

恋愛で感じる「人を好きになる」という感情からドキドキする心境を思い浮かべてもらえるとわかりやすいと思います。

恋愛に夢中になり、ときめきを感じて目の前のことが見えなくなる傾向の人は、ピンク色のオーラを放つ場合が多くなります。

逆に、ピンク色の衣類や装飾品を身につけることにより恋愛運を高められることが知られています。

霊視で見えるオーラとその色の意味

金色を持つ人は楽曲制作などで人の共感を集めますし、紫色のオーラを持つ人が子どもや部下と接すると情愛や思いやりを持つ人に育ちやすくなります。

スポーツ選手は赤色や青色が強く、一人が好きで孤高に生きる人はシルバーの割合が多くなります。

また、深く考えて話すことが求められる場合では、人は頭の周りが青色のオーラで包まれています。

さらに、人間はあらゆる感情や性格の側面をもつとされているため、複数のオーラが混じり合い、それぞれのオーラ色の強さは異なるとされています。

オーラの各色と意味

色の種類
意味
白色 純粋、新しさ、無邪気、純粋、規律、おまじない、、リフレッシュ、浄化、質素、影響を受けやすい
青色 冷静、信頼、静寂、経済観念、落ち着き、疑い深い、魔除け、大海
黒色 強い意思、自信、自己主張、保身、権威、冷酷、保身、遮断、黒煌びやか、ネガティブ、虹になりたいための欲、制作
銀色 孤高、競争、かっこよさ、想像力、(邪念の)反射、決定権
黄色 笑い、朗らか、思出、面白さ、企画、経験値、技術、思い出
緑色 平和、安全、自然、素直、安心、健やか、まじめ、伝統、協力、バランス、癒し、休息、記憶力、公平性、幸福
赤色 情熱、闘争、やる気、遊び、リーダーシップ、スポーツ、体格、闘争心、破壊、食べ物、雰囲気、色、誘導、温める存在
肌色 違和感、正確性、信頼、誠実、学習、解説、表現、具現化、仲間思い
金色 共感、知的好奇心、伝説、無形財産、クレジットカード、(時間的な)動きの速さ
橙色 極める、体術、熟考、開放的、健康、現金、開放的、夕暮れ、大地
紫色 思いやり、インスピレーション、深さ、愛情、感情、高貴、神秘、上品、友達、闇をかき消す光
桃色 恋愛、ときめき、わがまま、かわいい、弱き心、努力、ええやつ・もの、奇跡、救いの場所、解放

練習するとオーラは見えるの?

肉体のオーラにも階層があるとされ、肉眼で正確に深層のオーラが見える人は極めて稀です。

オーラを見る練習を行うと、指先から放たれる白い放射状のようなものが肉眼で見える場合はありますが、フワッとした細長いカーテン状のものが見える程度です。

練習により見えるオーラに限界があることは拭いきれませんが、諦めずに練習すれば、手から放たれるオーラを感じることならできる人もいます。

守護霊のような霊体との交信を霊感霊視や霊聴により可能な人は、正確にオーラを見ると意思をもった上で、クリアな状態と高い精神性をもち練習に励むことをおすすめします。

霊聴でわかったオーラが関与する事例

絶体絶命の状況下では、オーラなどの霊能力の関与により、霊界より援護射撃を受けることができることがあります。

例えば、段差等につまずき転げ落ちそうになるときや、高い場所から落ちそうなときに守護霊のような霊体から誘発されたオーラの衣に包まれて衝撃が和らげられるなどです。

炎に手を入れたパフォーマーは火傷などせず、すぐに熱に慣れ、耐えることができる状態などは上記の特性が関与しています。

普段、日常生活では気が付きにくい霊能力の関与ですが、経済社会の現代では嘘と感じてしまう部分もあるかもしれませんが、神秘的な不思議な力がそこにはあるのです。

ABOUT ME
八咫烏
八咫烏
四柱推命の学習本をまとめています。初心者にわかりやすい学習本を厳選、スピリチュアルの概要とパワーストーンの詳しい知識も解説しています。