天干

四柱推命の解説【己の意味・性格・特徴】

天干
意味
己(つちのと)
土、畑、農業

・陰陽が陰で五行が土に属する
・何かになじむのが上手い
・安心感を人に与える人が多い

己(つちのと)と他の干支との相性

己は田畑の農業として例えられるように、目標に向かってコツコツと取り組むといった意味を持ちます。

その収穫量は、概ね、丙・癸・乙辛のバランス(環境)・十二支に通根しているかどうかによって決まると言えます。

丙(太陽・日光)
癸(雨水)
乙辛(緑葉・枯葉による肥料)

命式内に己を天干に持つ方はコツコツできる努力型だと言えます。

どれかが欠けていても、運命で巡ることとなりますので、概ねどれほどの収穫量がある畑なのか、大まかにバランス感覚を持って見極めることができます。

己は人当たりが良い性格をし、どちらかというとコツコツ派

日干が己の人は、人当たりが良いことが多く、コツコツと目標に向かって取り組む傾向があります。

どちらかというと、正財に近い性質をもつことがわかります。

また、十二支の丑に通根する己を持つ人は、丸腰で人当たりが多い傾向もあります。

畑という象意があることから、コツコツと取り組んで得られる収穫量という成果物はどれほどのものか、命式を見ると、大まかに予測を立てることができます。

ABOUT ME
黒彗星
黒彗星
当サイトでは四柱推命・スピリチュアル・パワーストーン・健康開運方法を解説しています。