霊能力

霊感・霊視でみえる霊界の真実とは、本当に起こる特別な霊現象などもご紹介

この記事はこんな方にオススメ

・霊感、霊視に興味を持っている人
・霊能に関係する事例を知りたい人
・本物の霊的な世界観を知りたい人

気がついている人にとっては日常生活で簡単に実感できるものが霊感霊視です。

霊が一瞬見える・声が聞こえる等のスピリチュアルな現象に遭遇することにより、霊感や霊能力が開花するきっかけになります。

例えば、突然鼻の近くが痒くなり、足腰が重くなるなど、体のあらゆる部分に関与することもある霊感霊視。

実際には、霊能により周囲の景色が急に大きく変わるなどもあり、神秘な世界を知ることによりメリット・デメリットがあることがわかると思います。

霊感霊視で視えた本物の感覚世界とは

興味深い内容などもあるため、参考資料としてお読み下さい。

霊感とは?本物の霊視とは一体?わかりやすく解説します

条件・環境次第では、霊視に集中することにより、正確に霊的な事象・物・現象などが見えることがあります。

霊視は、先祖代々から伝えられる影響(自分自身に縁のある霊など)を受けて付与がなされ、結果的に頭の知覚機能(頭のチャクラが開いた状態)に作用して見えるとされます。

例えば、集合写真のように集まり・お辞儀するような霊が見える霊視などもあり、頭が想念とつながりを見せる状態が当てはまります。

憑依現象では、少しわかる英文や逆に全くわからない英文が、母国語かのように意味がとれるようになることがあります。

表現が適切なのかはわかりませんが、思慮・想念の塊といえるまとまった感覚が頭に一要素として感知でき、瞬時に言語化される場合などもあります。

また、耳の裏手・喉仏の周辺等から霊声を感じるような霊聴現象では、伝わる想念が未熟な霊体(欲望に弱い霊体等)から伝えられ、制御できない雑音として届いてしまい苦痛に感じることがほとんどという霊能者もなかにはいます。

伝わると論理的な繫がりをみせる想念は、当事者の人生経験・学習量・努力量などにより、理解できる内容が限定されるほか、偏りなども出るため抑えておきましょう。

霊能力が開眼して起きること

九死に一生を得るなどして開花した霊能や霊能力、霊眼をもつ人は、霊能力を制御する力、気に留めずスルーする習慣、スキルが必要であり、霊体と人間が共存する必要性を抱くことになると思います。

霊聴が酷い場合は、当時に思い浮かばなかった、知りたくない想念がわかるようになり、論理的につながりを見せる言語能力(想念の言語化)などが開花し、神秘的な現象が次々と起こるようになります。

例えば開花する霊能力は人により異なり、街道で視点を向けた場所に必ず人が避けるようになるなど、信じられないものまであるのがこの不思議な世界なのです。

体が急に前傾姿勢になり、一時的に首が伸びる(睡眠・入浴等で戻る)、手にオーラを感じるなど、強力な霊体により、恐怖経験を体験する霊能の開花は、一度霊現象が始まると連鎖しやすくなります

信用できるのか?雨を避けた事例

霊感・霊能力には様々な種類がありますが、雨が直接自分自身に当たらなくなる霊的な能力などもあると言われています。

天候に関与する力を左右することができるとされ、現代では信じられない現象だと言えます。

雨乞いは、この現代に起きる現象だとは思えない人が多いとされますが、昔から言い伝えられているように、実際に起きる現象です

理解に苦しむこともありますが、霊能力はとても神秘的なものだと言えます。

霊的視点から、物事の仕上げは慎重に

目標を達成する直前や物事が完結する境は、霊的な邪(よこしま)が入りやすくなります。

正と負、振り子の法則のように、真逆の波が連続して押し寄せるなど、霊界と現世が結びついています。

結果的に、予想される(予定調和の)結末まで追われることになるなど、霊界・霊体から行動を正されることがあり、白黒をはっきりと線引きするように仕向けられます。

子供の時に縁のある霊体により、自分が救われるだけでなく、陥れられることがあるため、大人になって意思を変えることは難しく、簡単なことではありません。

予定調和にならないと祈ることは、予定調和の邪を変化させ、直接的な作用を弱めることに効果的な、魔法のような力となります。

生きる希望は「変わらない感覚」

想像界に関わりをもち続けると、私たちは生きづらさを感じて、何かに救いを求める人が多くなります。

その代表的な例えとしては、食欲・睡眠欲・性欲などの生理的な欲求です。

断食により想像界からの関与も少なくなる状態となり、逆に意識を強くもてることがあります。

昔から変わらない癖・習慣が自分自身を再認識するきっかけとなり、苦しい環境の中で、自分を認識できるようになることで生きる希望を見出す人など様々です。

体質的に悩みを抱えやすい霊能者は、原石由来のアクセサリーを身につけることにより救われる人もいます。

霊視で見えた、人として生きること

憑依性がある霊視で見えた、興味深い体験談をご紹介します。

人は経験で得た知恵・道理等から、「より人らしく」なります。

夢の中で霊視という形で見えたものでは、上に昇るための白色階段を一歩ずつ登る過程は、人が成熟していくことにつながります。

「昇天(死ぬ)」のではなく、「人として自立(成熟)」することがわかります。

このように、霊体により興味のそそる想念が伝わることがあると言えます

霊能力でわかる浮くという感覚

浮いた土地は波のように見え、動きや衝撃を受けやすくなります。

乗り物(電車・車)で移動している最中などでも波動として浮くように感じることがあるとされ、動く時に受ける衝撃から、よりガタガタと音が立ちやすくなります。

より波のように見える浮いた土地を現在的(現在化・現世化)することができれば、乗り物などの揺れや衝撃は抑えることができる場合があります。

霊感等により「浮く」という表現を正確に感じとれるようになり、より現在的な土地(浮かない土地)にいる当事者は、霊聴により感じるとされる感覚(想念が言語化された声)が通常の思考として矯正されるとされています。

世界の各土地により現在的なカラーも異なり、狭い範囲の地域でも緑あふれる山々の小道と郊外の都会で感じる現在的なカラーなどは異なります。

やる気や希望は霊的関与あり!?

やる気が出ない・希望をもてない時など、霊的関与がある場合が少なくありません。

その感情が起きる前の行動にそのヒントが隠されていることがあります。

満足感を持ちやすい人は、例え嬉しい感情になったとしても感情を抑え、理知的に処理した方が後々上手くいくケースがあります。

上手くいった後や、逆に悪くなっている時にもさらに好ましくない流れになりやすくなるので、私たちが望むようなより良い生活を維持するためには、感情を制御する・行き過ぎた行動や言動を抑制するなどの理性を働かせること(負の先払い)がカギになります。

ABOUT ME
八咫烏
八咫烏
四柱推命の学習本をまとめています。初心者にわかりやすい学習本を厳選、スピリチュアルの概要とパワーストーンの詳しい知識も解説しています。