霊能力

ハイヤーセルフと繋がるとどうなるの?瞑想や守護霊の関係、リーディング方法をご紹介

この記事はこんな方にオススメ

・ハイヤーセルフを知りたい人
・ハイヤーセルフと繋がりたい人
・スピリチュアルに興味がある人

スピリチュアルに関連性のあるカテゴリーは多岐にわたりますが、その明確な線引きが難しいことが事実としてあるため、今回ご紹介するハイヤーセルフについては、精神世界や霊的世界から伝わるとされる想念との関係性を取り上げて記事にまとめています。

ハイヤーセルフとは、繋がるとどうなるの?

ハイヤーセルフの意味とは

ハイヤーセルフ(higher self)とは、直訳すると、より高い自分自身となり、意味としては「高次元の意識」とされています。

ここでの高次元とは、自分自身の肉体より高い自分自身の意識という意味があり、より「高い次元の意識」があっていると言えます。

例えば、高次元の意識を頭でもう一人の自分として認識できるようになることでハイヤーセルフの存在を知覚することになります。

スピリチュアルに関連性のあるハイヤーセルフと聞いて期待してしまうものですが、多くは自認することでストレスを抱える原因になる可能性があります。

ハイヤーセルフと繋がることで生じる障害

ハイヤーセルフに繋がると、自分自身の意識と頭の中で会話しているような不思議な状況になり、精神的な強さを持つことができなければ、その意識に飲まれてしまうことになります。

高次元の意識に飲まれた状態の例えとしては、理性が感情に飲まれる時と近しい状態となることもあり、この状態がまさに、制御できていない感情に支配され欲求不満を持つ状況の人等に類似します。

ハイヤーセルフだと正確にはっきりとわかる場合では、現実的な世界からより精神世界に頭の中が偏っている状態となり、必ずしも平常心を保つことが難しい状態とされ、場合によっては第三者から理解を得られないことやイライラすることさえありえます。

自分自身の生き方を見直すように仕向ける高次の意識を理解することになるなど、過去のトラウマや後悔なども含めた比較的印象的な出来事を忘れられずにいる意識(業の意識:ごうのいしき:悪行または負の感情による報いを引きずる思い)が語りかけることもあるとされ、高次元の意識(ハイヤーセルフ)をもう一人の自分自身であると認識することが酷く病む原因となる場合もあります。

ハイヤーセルフと守護霊の関係

ハイヤーセルフと守護霊の関係性には諸説あり、高次元の意識が守護霊や神などの意識と繋がっていると考えられている場合もあるとされています。

スピリチュアルな能力として知られる霊視や霊聴では、想念を可視化・言語化するなどと、頭脳を使って霊的世界を見聞きするとされていますが、ハイヤーセルフによる高次元の意識をこれらの想念と同内容(意識が繋がっている)として解釈することもできます。

また、スピリチュアルな分野では、霊的世界をカテゴリー分けすることが難しく、直感によってハイヤーセルフ(高次元の意識)と、守護霊等から受けとる想念を区別することが難しいとされています。

つまり、ハイヤーセルフと守護霊を区別する方法としては、霊視・霊聴で可視化・言語化される内容により、自分の感覚を頼りに発信元を分類する必要があります。

また、霊視・霊聴により霊界と正確に繋がることができる場合でも、霊体が「自分の存在がどの(守護)霊なのか」を元々分類・認識できているわけではないため、正確に霊体のカテゴリー分けができるかどうかは霊能者の実力・経験によるものとなります。

ハイヤーセルフと瞑想の関係

瞑想で意識を統一すると、一部ハイヤーセルフも同じように精神統一の状態にある人もいます。

瞑想することで自分自身の意識を統一し、ハイヤーセルフに問いかけることですぐに認識できる人もいますが、声としては届かず感覚として自覚できる人、一方で全くわからない人もいます。

正確に伝わってくる想念を区別できるとされる状態では、頭の中が浮いた感覚になり、高次元の意識を理解できると同時に、ハイヤーセルフかどうかを正確に特定することができます。

瞑想により知覚された想念がハイヤーセルフ(高次元の意識)からのものかどうかを理解できることは、広義の霊視あるいは霊聴によるものであると考えることができます。

ハイヤーセルフリーディングとは

ハイヤーセルフリーディングとは、自分自身の意識とは異なるとされる高次元の意識を可視化または言語化するリーディング手法です。

スピリチュアルリーディングでは、霊感霊視により霊的世界から受け取った想念を言語化または可視化しますが、ハイヤーセルフリーディングでは自分自身に類似する高次元の意識を感じることによりリーディングするとされています。

このリーディング手法では、自分自身の個性や感覚、経験をもとにわかる意識をリーディングすることになりますが、自分自身の意識とは半信半疑で分かっていながらも、自分の意識とは異なる意識として感じる人も中にはいます。

このハイヤーセルフリーディングは占いに取り入れられることもあり、命卜相・ダウジングなど、多くの占い手法とも掛け合わせることができます。

ハイヤーセルフと繋がるためには

体調が整っている時に、体のどの部分でも構いませんが、心の声を意識して問いかけてみてください。

問いかける内容は何でも構いません。

その後に感じることのできる感覚や声に耳を澄ませてみてください。

全く感じることができない場合もありますが、霊媒体質の人の中には、感じとるだけではなく、はっきりと声を聞くことができる場合もあります。

何度も練習して再現性の高いものにすることができれば、自信を持って確実にハイヤーセルフと繋がれるようになります。

ハイヤーセルフの声はどんなの?

はっきりとハイヤーセルフの声を聞くことができる人の中には、正確に声のトーンまでわかるとも言われています。

信じられない内容ですが、この意識から伝わるとされる言語化された文章語尾が個性的な表現がなされている場合などもあります。

ハイヤーセルフの声から伝わる内容は過去のトラウマ、第三者の不幸、ショッキングな内容などの他には幸運な出来事等、過去の人生で経験した印象的なものも多く、その内容を受け入れるだけの精神的な強さが求められます。

実際に伝わる声や想念がどの部分から聞こえるのかと言うと、耳・喉仏周辺や頭脳の至る部分であるとされ、声や頭脳に関連のある器官から多くは感じ聞こえることになります。

ABOUT ME
占い鑑定LUA.com
占い鑑定LUA.com
日干支別の今年の運勢をまとめています。あらかじめご自身の日干支を調べた上でお読みくださいませ。