スピリチュアル

霊界・霊能者・霊能知識・霊障の対策をご紹介、スピリチュアル用語等も一部説明します

この記事はこんな方にオススメ

・スピリチュアルに興味がある人
・幅広く霊感の知識を知りたい人
・より高度な知識に触れたい人

スピリチュアルに関心のある人や霊感体質の人が好む霊能知識を集めてみました。

目次

・霊界を知覚・開花する方法とは
・良く知られる霊視
・チャネリングとは?
・ハイヤーセルフとリーディング方法を紹介
・守護霊、霊現象について
・霊感・霊視・霊聴に苦しむ時には?
・巫病対策
・様々なスピリチュアル
・スピリチュアルの関連用語

それでは、一つずつ解説します。

スピリチュアルな人とは?霊能知識をわかりやすく解説

霊能力開花の主な要因とは

霊能力開花の主な要因は、下記などがあります。

霊能力開花の主な要因とは

精神世界の知識に触れ、他人にその内容を教える
低次元の霊を引き寄せてしまい、病などにかかる

精神世界に関わる知識に触れると、大きな存在につながりやすくなります。

他人にそれらの知識を教えることにより、より秘密を知れるような機会に敏感に反応できるようになります。

霊能が開花する人の特徴とは

第6感
鋭い直感
高い想像力

霊能力が備わるパターン

当事者の状況
霊界の開花
精神世界を探究しアンテナをはる 他人に精神世界の知識や秘密を教えることでより敏感に精神世界の秘密や霊能に関係するアンテナを張り巡らすことが大切になります。ただし、期待しすぎは禁物です。
絶対絶命の状況で開眼・開花 絶体絶命の状況で、大事に至らずに済み、一時的に霊能が開花するということがあります。しかし、悩みの種となることがあります。

例えば、精神世界を知るきっかけが、当サイトがご紹介する四柱推命(統計学的な要素と木火土金水の五行を用いて宿命や運命を読む占い)などの占い(命術・卜術・相術)を学ぶことにある人もいます。

占いの種類

占いの方法
占術の種類
命(メイ)術
西洋占星術・四柱推命・九星気学・紫微斗数
卜(ボク)術
おみくじ・タロット・易
相(ソウ)術
手相・人相・姓名判断・風水

占い知識を探究した結果、霊能力が開花するという人もいます。

様々な霊視方法をご紹介

ここでは、様々な霊視法をご紹介します。

霊視

良く知られる霊視

方法
意味・特徴
霊視法①
肉眼により、影のような形で現実的に霊体を見る。
霊視法②
映像を想像として見て、心理状態・性格をオーラから読み取る。

霊視で心掛けたいこと

霊に囁かれても動じない
自分の習慣は変えない

霊視は慎重に行うことが大切になります。

また、霊界には階層があり、出会う霊は自分の心の状態が関係していると言われています。

チャネリング

チャネリングとは?

チャネリングは波長を相手に合わせて、相手の気持ちなどを読むリーディング法と言われ、使用できる人は少ないことが知られています。

リーディング法
意味・説明
チャネリング チャネリングとは、霊能者や霊媒師が霊と交信できるリーディング法です。男女関係で相手の気持ちを読む占いなどに取り入れられ、使用されています。

見えない存在の手助けにより、波長を合わせやすくなるなど、特別な条件が揃う人が使用できる特殊なスピリチュアルリーディングだと言えます。

相手との波長を合わせる方法は使用する人によって異なるため、謎に満ち溢れていると言えます。

ハイヤーセルフとリーディング方法をご紹介

ハイヤーセルフとは

ハイヤーセルフ(higher self)とは、「高次元の意識」という意味になります。

ハイヤーセルフと守護霊の関係性には諸説あり、高次元の意識が守護霊と繋がっていると考えられている場合などがあります。

頭がよりクリアな状態でリーディングすることが大切になります。

ハイヤーセルフの存在は、頭の真上や左胸の中心付近にあると言われています。

ハイヤーセルフリーディングとは

ハイヤーセルフリーディングについてご紹介します。

ハイヤーセルフリーディング

①リラックスした状態で頭の真上に心の声で問いかけます。
③感覚をしっかりと耳で捉えます。
④あらゆる感覚を拾います。※
※違和感を感じた場合はすぐにやめてください。
※こめかみ・左胸の中心付近など諸説あります。

声として拾えない場合は、感覚を拾うのみになりますが、感覚を拾おうとしている自分自身の感覚がハイヤーセルフという場合などもあります。

守護霊、霊現象について

ここでは、守護霊、霊障、霊現象について解説します。

主な守護霊と立場

守護霊は、様々な役割をしています。

守護霊の役割

考えを伝える
判断・行動を精査する
苦手を克服することを望む

主な種類
説明
主護霊 グループソウル(類魂)の中から選ばれる主護霊は、前世の自分であると言われています。ある程度取り決めをして生まれてきます。
指導霊 高い波動があれば、高い指導霊と出会うこともあり、指導霊による適切な導きがなされています。指導霊は変わることがあると言われています。

化ける霊が存在する

霊は化けながらも、私たちと共に生き続けている存在だと言われています。

化ける霊とは具体的に下記を意味します。

具体的な化ける霊とは

当事者が好む人や苦手な人々
霊の性格とは真逆の姿形

霊視では、年代・人生経験・心の状態により様々な見え方になります。

霊感・霊視・霊聴に苦しむ時には?

霊障の対策

当事者の今いる環境により、霊障の影響は異なると言われています。

ラップ音や不自然な音が聞こえると、空気がよどみ、恐怖心を抱きやすくなります。

喜びごとの後には、負のできごとが起こりやすいため、慎重な行動が余儀なくされます。

自分を見失わないように、普段と同じ方法で喉に食べものを通すことは、自分の本当の意思を取り戻すことにつながると言われています。

巫病・霊障と対策

巫病と霊障の対策

巫(ふ、かんなぎ)とは神と交信する役割を持つ人々という意味をもちます。

巫女(ふじょ、みこ)とは、神と交信する未婚の女性を指します。

そして、巫女体質(霊媒体質・霊感体質)は霊媒として霊的世界と強い結びつきを持ち、口寄せなどを可能とするスピリチュアルな体質を意味します。

上記体質から、巫病や霊障によりストレスを抱える人が多く、対応策が求められています。

巫病・霊障への対策

・音に触れる、リラックスを心掛ける
・考える癖と判断する多くの機会を作る
十分な睡眠とスタートを丁寧にする
・適度な食事を取り、美味しいものを食べる
・win-winの関係を大切にする

感覚を司るのは頭脳であり、正常な機能を果たすために十分な睡眠を取ることが大切です。

適度な睡眠を取ることは大切ですが、忙しい人も多いのではないでしょうか。

そこで、原因不明の巫体質としての悩みを抱えているのであれば、下記をお読みください。

巫女体質(霊媒体質)とは!?巫病、巫体質、霊感体質の克服方法をご紹介巫女(ふじょ、みこ)とは、霊媒として霊的世界の霊体や神と考えられる存在との交信をする未婚の女性です。人によっては口寄せなどができるとされる巫女体質・霊媒体質・霊感体質がどのようなものか、その克服方法についても詳しく解説します。...

様々なスピリチュアル

六芒星(ろくぼうせい)の意味と書き方

六芒星は各国で古くから利用されてきた魔除けとなる結界を意味します。

六芒星の模様にある多くの目が、魔除けの作用があると言われています。

昔から、神社仏閣や籠目紋(かごめもん:竹などで編んだ特別な形の網目を持つ格子状に組まれた籠)に使用されてきました。

一筆書きが可能であり、綺麗に書ければ、魔除けの効果を発揮することになります。

六芒星が使用されている例

場所
具体例
日本 神社仏閣、伊勢神宮等、御守り、石灯籠、家紋、紋章
各国 各国の国旗、ダビデの星、賢者の石、シンボル

イスラエルでは、ダビデの星と言われます。

オーラとは?色の意味を解説

オーラとは、放射状に放たれる色のあるエネルギー(電磁波)だと言われ、色から感情や性格を読み取ることができると言われています。

オーラの色
意味・説明
赤色
情熱
青色
冷静
黄色
ほがらか
金色
共感性
銀色
孤高

オーラを見る練習では、指先から放たれる放射状のモヤが肉眼で見えることがあります。

スピリチュアルの関連用語

用語
意味
霊感 霊が乗り移るようになる人間の超自然的な感覚。霊感が開花して霊視霊聴ができるようになる人もいます。
霊眼 霊感が高まることで霊能力が開花すること。霊眼が開花することにより、霊的世界との繋がりを意識的に理解することができるようになる人もいます。
霊視 霊感が強まることにより頭あるいは肉眼で対象者の守護霊や背後霊、前世などを特定することや可視化できる霊能力。
霊聴 霊感が強まることにより耳元周辺や喉仏などから聞こえるとされる霊的世界から降ろされる想念を言語化して聴く霊能力です。
巫病 巫病体質が患うとされる、思春期等で発症する神からの啓示などの幻聴。原因不明なことが多く、治療が困難を極めるため、普段の生活に対策や工夫を施す必要がある。
巫体質・霊媒体質 巫女体質(広義では霊媒体質・霊感体質)は霊媒として霊的世界と強い結びつきを持ち、口寄せなどを可能とするスピリチュアルな体質を意味します。
ハイヤーセルフ ハイヤーセルフ(higher self)とは、直訳すると、より高い自分自身となり、意味としては「高次元の意識」とされています。多くは自認することでストレスを抱える原因になる可能性があります。
グループソウル グループソウルとは日本語で類魂と言われ、輪廻転生する霊魂が精神的な部分で共有するグループを形成し、人生経験の共有を伴いながら魂の修行を果たすとことを目的としています。
スピリットガイド スピリットガイドとは守護霊の一種である指導霊とされており、当事者の状況次第では交代することもあると考えられています。龍、天狐、天使などもあるとされています。
守護霊団 守護霊とは一人に一体憑くと言う説と交代制で変わると言う説が有力ですが、守護霊団とは自分自身の類魂であり、様々な経験を積んだ集合体です。守護霊団からメッセージが届くこともあるとされています。
グループソウル グループソウルとは日本語で類魂と言われ、輪廻転生する霊魂が精神的な部分で共有するグループを形成し、人生経験の共有を伴いながら魂の修行を果たすとことを目的としています。
前世 前世とは今世で生まれた記憶の前に生まれた際の自分自身を意味します。前世の記憶を持つとされる人もいるとされ、魂に刻まれた記憶により、前世の記憶が今世にまで引き継がれていると考えられています。
ツインレイ ツインレイとは、魂の片割れを意味します。前世の魂がふたつに分かれてものとされ、今世で強烈に惹かれあうと言われています。
ツインソウル 前世の魂が今世では分かれてしまったものがツインソウルだと言えます。魂の目的を達成するために、何度も生まれ変わると言われており、ツインソウルの相手とは運命を感じることもあります。
ソウルグループ 集合体を形成する魂の分かれる前をソウルグループと言います。集合体を形成しているソウルグループはどの魂にもあるとされ、良い意味でも悪い意味でも縁のある相手であると言われています。
ヒーラー 薬による治癒ではなく、スピリチュアルな手法(オーラや霊気)などを利用して人を癒す人々をスピリチュアルヒーラーもしくはヒーラーと言います。
サイキック 特別な能力により、今日の科学では理解できないとされる超能力を操るとされる超能力者もしくは霊能力者を意味する。じんつうりきとも呼ばれます。
エンパス エンパスな人とは、empathy(共感・感情移入)が優れている人を指し、共感力が高い人を意味します。
第六感 五感を超える感じる力を指し、直感で当てるために必要な能力の一つです。
クレヤボヤンス クレヤボヤンス(クレヤボヤント)とは、透視や千里眼という意味であり、遠くにあるものを感じとる力のことを指します。
セレンディピティ 予定調和の出来事の中で、偶然な出会いや予想外の発見・経験をすることをセレンディピティと言います。
六芒星 六芒星とは、ヘキサグラムと言われる星形の図形であり、多くの目があることから、魔除けとしての作用があります。イスラエルの国旗に利用されている六芒星はダビデの星として知られています。
ABOUT ME
黒彗星
黒彗星
当サイトでは四柱推命・スピリチュアル・パワーストーン・健康開運方法を解説しています。