パワーストーン

パワーストーンを詳しく解説!ステップアップするための効果と運気上昇

この記事はこんな方にオススメ

・パワーストーンに興味がある人
・パワーストーンについて知りたい人
・パワーストーンをもちたい人

さっそく、パワーストーンの詳しい知識や身に着けて得られる効果あるいは運気上昇との関係性についてわかりやすく解説します。

運気が上がるパワーストーンとは

パワーストーンや護石をもつと、その石のもつエネルギーにより運気があがると言われています。

運がよくない人にも効果的であることが知られており、運気や運勢を自分で変えたい人にとっても効果があります。

生物学的な知見により、人生の多くが生まれにより決められているとされる場合がありますが、思考により人生が影響されるならば、パワーストーンの力を活用することもいいでしょう。

パワーストーンを身に着けて、内在するエネルギーによる影響と自分自身の思考の変化により運気は上がります

パワーストーンとスピリチュアルメッセージ

スピリチュアルメッセージを受けることができるパワーストーンですが、人生のターニングポイント時に効果を発揮します。

人生のステージが変わるときに、運気の波が押し寄せることがあります。

スピリチュアルメッセージを気が付ける人はパワーストーンによる効果を期待できます。

このメッセージに気づけるかどうかにより人生も変わることがわかります。

ビジネスで利用されるパワーストーン

ビジネスの場面で利用されることが多くなりつつあるパワーストーン。

女性のほか、男性にも活用されるパワーストーンですが、ビジネスの場面で利用されることが一般的です。

最近では、パワーストーンや時計などのアクセサリー類を商談の際に身に着ける人が多いと言われています。

活用できるエネルギーを有効に活用し、ビジネス分野外に振り分けることが大切になります。

パワーストーンは結界作用効果がある

結界張りには様々な種類があり、石を使用する方法がパワーストーンの結界張りの一つの方法です。

良い波悪い波を制御するためには、パワーストーンを利用すると効果的です。

パワーストーンは結界を張る作用をもつものがあります。

パワーストーンのほかには、六芒星というヘキサグラムという六角形の星を一筆書きにより、魔除けの結界をはることができます。

結界を張ることにより、魔除けとなり、悪霊や悪意のある意志から身を守ることができます。

パワーストーンと神社の関係

神社・仏閣の中にはパワースポットがあり、神社で浄化され、良いエネルギーの流れを得られることがわかると思います。

パワーストーンは、気持ちが籠るわけではなく、パワーストーンにもともとあるエネルギーです。

パワーストーンは持ち歩くパワースポットであり、神社と比較して謙遜無いと言えます。

エネルギーで溢れるパワーストーンには、霊が宿ることがあるため、取り扱いには注意することが大切です。

ステップアップするためのパワーストーン

上を目指し高まりたいと考る高い志を持つ人には成功者が多いことが知られています。

例えば、皇帝の石であるサファイアは、青色の宝石として知られていますが、職場や家庭で役立つ作用をもつとされるパワーストーンです。

経営者はサファイアというパワーストーンが向いていると言われています。

ステップアップするためのパワーストーンのほか、むかし高僧がもっていたとされるパワーストーンが古代の世界各国の神秘なお守りとして使用されていたと言われています。

昔から利用されるパワーストーン

古代の王族や貴族などの墓地から装飾品としてパワーストーンが利用されていました。

昔から利用されるパワーストーンだからこそ、信頼性があり、実際に効果を実感することができます。

メソポタミア文明から利用されてきたラピスラズリと言われる最強の魔除けと言えれるものまであり、パワーストーンの根強いファンなら知っていることは間違いないブレスレットです。

しかし、昔から利用されているパワーストーンは高価であることも多く、内在するエネルギーが自分に合うのかどうかは一度試す必要があります。

パワーストーンは定期的に浄化する

パワーストーンは定期的に浄化することがよく、その浄化方法は様々です。

大気圏などで炎に包まれた隕石などの上に置くこともあり、お店などでこの方法は利用されることがあります。

中でも、水晶にパワーストーンを置くだけでも浄化作用があることが知られています。

植物の近くに配置し、負のエネルギーを浄化することに役立つので試してみてください。

特徴的なパワーストーンとは

世界4大宝石と言われる、ルビー・サファイア・ダイヤモンド・エメラルドには特徴的な性質がありますが、ここでは、同じ原石でも異なる名前をもち性質が異なるパワーストーンについてご紹介します。

原石が石英(クォーツ)

水晶
アメジスト

シトリンの意味・効果とは

シトリン画像
和名は「黄水晶」と呼ばれるシトリンですが、金運上昇の効果や目的・計画の遂行能力・健康面が良くなると言われています。

エネルギーや情熱が不足している人にも効果があります。

シトリンは市場に出回ることはまれであり、希少価値が高く価格もそこそこします

太陽のエネルギーが内在するとされるほか、想像力の向上や冷静な判断力および自分自身のエネルギーを高めると言われています。

石の名前
意味・特徴
シトリン
行動力・金運・判断力・想像力・神霊が宿る・思いが届く

原石が緑柱石(ベリル)

グリーンのエメラルドとは

エメラルド 加工画像
紀元前4000万年前から利用されていたとされ、割れやすいという特徴があるので取り扱いは注意が必要になります。

エメラルド(翆玉)は、四大宝石の一つであり、幸福をつかさどると考えらえる宝石の一つです。

大昔では、精霊が宿っていたとされるほか、恋愛成就や結婚祈願のお守りとして上流階級に好まれてきました。

心身のバランスを整えるヒーリング効果があるので、護石として思いを宿してもつのもいいと思います。

石の名前
意味・特徴
エメラルド
幸運・幸福・恋愛成就・結婚祈願・ヒーリング・精霊が宿る

ブルーのアクアマリン
ピンクのモルガナイト
グリーンのヘリオドール

原石がコランダムのルビー・サファイア

ルビーとは?意味の解説

ルビーの画像

四大宝石の一つであるルビー(紅玉)、赤色のコランダムがルビー、それ以外をサファイアと言います。

ルビーはその美しさから昔の貴族階級の方がつけるとされる宝石として知られています。

ルビーには神のような存在や霊体が宿る可能性があることが知られており、ルビーに願いや思いを込めることにより、簡易な願いが叶うことがあるとされています。

様々な思いや願いが込められているルビーをつけることにより、勝負運や恋愛運などが向上するとも言われています。

石の名前
意味・特徴
ルビー
勝負運向上・恋愛・魔除け・健康・不安解消・前向きになる

サファイアの意味・色とは

サファイア 画像

現代のように化学が発展していなかった大昔では、強い魔除け作用があるとされる青色と金色が入り混じるラピスラズリとサファイアは同じものであると考えられていたこともあります。

サファイアとしてよく知られているのはブルーサファイですが、そのほか、白・紫・ピンクなど様々な色をもつサファイアがあることが知られています。

青色は魔除けの意味があるとされ、よく知られているブルーサファイは魔除けの作用があります。

サファイアの特徴としては、経営、商談で冷静な判断をすることができるとされ、経営者やビジネスパーソンの男性などに人気です。

石の名前
意味・特徴
サファイア 冷静・判断・経営・商談・創造力・魔除け・結界・大海・治癒

ジルコニアとは

ダイヤモンドの代用品として「ニセダイヤ」などと装飾品に利用されるジルコニアですが、輝きは強く、悲しみを癒すパワーストーンとして知られています。

ABOUT ME
八咫烏
八咫烏
四柱推命の学習本をまとめています。初心者にわかりやすい学習本を厳選、スピリチュアルの概要とパワーストーンの詳しい知識も解説しています。