余生・余暇

余生・余暇は占いを用いて有意義な時間を過ごそう、癒し・興味関心を求めて占いの道へ

余生・余暇は占いを通して、有意義な時間を過ごし、癒しを求めよう

余生・余暇と占い

占いの種類

占いを学習しようとしている方は、卜占・命占・相占それぞれ一つずつ学ぶようにすることで、バランスが取れた、多角的な占いを実現することができます。

下にある、卜占・命占・相占の欄をクリックしてもらえると、それぞれどのような内容のものがあるのか確認できるため、参考にしてみてください。

卜占(ボクセン)

おみくじ・タロット・易・オラクルカード・霊感占い(霊視・霊聴など)・カラーカード

命占(メイセン)

西洋占星術・四柱推命・九星気学・紫微斗数

相占(ソウセン)

手相・人相・姓名判断・風水

癒しを求めるオラクルカードに挑戦しよう

生涯勉強という言葉があるように、占いを新たに勉強することにより、新たな気づきがありますし、元々学んだことのある占術を使用して占いを通して過ごすこともいいです。占い師としては卜占(主にタロット)が必要と言われることが多くあり、この際に勉強するのもいいです。

例えば、オラクルカードは、感情的な部分に対して癒しを与えることを主する場合があるなど、占いの種類によってその用途は様々であると言えるので、余生・余暇として何をすればいいのかわからない方は、是非オラクルカードを活用しましょう。

無から占いを意識、外からの知らせをキャッチ

外の音や人々の動き、他人から知らされる幸・不幸、自分自身の身に起こる出来事として捉える知らせからは、ある種の霊感的な占いを意識した生活を生み出すことができます。

この方法で吉凶を判断することは、オリジナルの判断基準が必要となり判断が難しくなることが多くありますが、無から簡単に占いをできることに加え、霊的な世界観と深く関わりを持つことになり、まとまった時間がある方にとって面白い挑戦にはなります。

旅をして知識を体系化しよう

心身ともに余裕のある方は、旅をして、オリジナルな視点を持ち、関心のあることを体系化しましょう。どんな内容でも構わないため、旅をして得られた体系化した知識はひとびとの関心を集めることができます。

旅ができない場合は、定住した先で時間を費やして、知識を体系化するようにすることがおすすめです。日本以外に世界にまで足を運ぶことができれば、まだまだ誰も知らないようなことに気がつくことができるかもしれません。

ABOUT ME
黒彗星
黒彗星
当サイトでは四柱推命・スピリチュアル・パワーストーン・健康開運方法を解説しています。