天干

四柱推命の解説【壬の意味・性格・特徴】

天干
意味
壬(みずのえ)
川、海、湖、沼、運河、大量の水、津波
・陰陽が陽で五行が水に属する
・楽観的で寛容性を持ち合わせる
・策略家の一面があり束縛を嫌う

壬(みずのえ)の詳細解説

壬(みずのえ)の性格

日干が壬の人は、正義感が強く、頭の回転が早い人が多いです。勉学がよくできるというより、キレものタイプの方が当てはまります。

リーダーシップを発揮することに長けており、周囲を引っ張る役目をしていることがあります。

大量の水は、小さな隙間でも流れ込むことができるように、壬の人は、どのような人にも大らかに接し、優しいタイプだと思われています。

女性的な一面を持ち、男性では、男色をもつ場合があります。

壬(みずのえ)と他の天干との相性

壬(みずのえ)とは、川、海、運河などの大量の水に関係する、水の五行に属する天干です。

壬は綺麗で澄んだ状態であることがよく、水源である天干、庚(かのえ)・辛(かのと)があると良質な状態になると言えます。

しかし、水源から水が湧き出すぎると、激流となり、周囲をなぎ倒すような力を持つため、その時には、堤防や岩、大量の土などと表現される戊(つちのえ)が必要であることが知られています。

また、その行き着く先に、甲(きのえ)・乙(きのと)があると、なお壬の状態が良くなると言われています。

ほかには、丙太陽との相性では、自然の象意として、海と太陽に例えることができるものであり、関係性は良好です。

壬(みずのえ)と丁(ひのと)が引き合い木の属性に変化する

壬丁甲乙
寅未 寅未

壬(みずのえ)と丁(ひのと)が変化すると、甲(きのえ)と乙(きのと)という木局の五行に変化します。

地支に木の五行をもつ天干(甲・乙)の根となる水木の五行の十二支をもつなら、金の干支が出ていなければ、変化します。

壬丁同士の相性は良好であり、会話が弾むに伴い笑顔もあり、すぐにお互いを信頼し合えるような仲になります。

壬寅は潜在的に変化しやすい性質を持つので、丁が巡る時期は注意して推命することが大切です。

壬や癸は、金の五行の辛(かのと)を輝かす

壬(みずのえ)や癸(みずのと)は土により輝きを失いかけている辛(かのと)を洗い流し、良質な輝きを増幅させる働きを持ちます。

まず、辛は、湿らされていない戊や己により、輝きを失いやすいという特徴があります。

壬や癸の干としての強さは、根を持たないときや逆に強すぎるときよりも、適度な強さで根をもつことが大切ですが、根を持たない場合でも比較的作用があると言えます。

金の五行である辛が良い作用として働く人にとっては、辛が輝く時期が運命で巡ってくるのか確認するようにし、自分自身を輝かせられるように、しっかりと予定を立て、準備しましょう。

壬は己により、汚れた形となりやすい

壬(大河・大量の水)は土や田畑と表現される己(つちのと)とは相性が良好でないことが知られています。

水が土により濁ってしまうためであり、この己が巡る時期は、多くは新たな問題が浮き彫りになる時期であると言えます。

しかし、壬の人の中には、官殺が良い方にとって、戊・己どちらにおいても良好になる場合もあり、命式を見て判断しなければならない部分もあります。

命式内に、土を抑える、木局の五行や十二支、水源がある方にとっては、己による水の濁りが抑えられるため、影響は小さくなります。

ABOUT ME
黒彗星
黒彗星
当サイトでは四柱推命・スピリチュアル・パワーストーン・健康開運方法を解説しています。