通変星

四柱推命の解説【印綬の意味・性格・特徴】

通変星
意味
印綬(いんじゅ)
趣味・知識・理解力・援助・文化・伝統・節目・一つ高いハードル

・日主を生じる五行である
・文才に恵まれ礼儀正しい
・依頼心が強く保守的である

印綬(いんじゅ)の時期を解説

印綬の時期には、前に巡ったとされる比肩から印綬までの8,9年の期間を反省する時期であり、一つ高いハードルを越えるように仕向けられます。

この時期に設定されるハードルを少しでも飛び越えようと試行錯誤することにより、人生が次の段階へと進むようになります。

ここでわかるハードルとは、次の食財官星の時期で活躍するために、とても大切な時期となり、しっかりとした考えをもとに行動を起こすことが大切です。

ほかには、親との縁があると言う場合や、周囲から援助を得られる期間となります。

学びの時期、学問を深める印綬の期間

印綬の時期は勉強に集中しやすい期間となり、目標を持って学問を深めることができる、特別な期間だと言えます。

印綬が巡る時期は、どっしりと構えて、現実的な目標をもち、コツコツと目標に向かって学問研究や勉学・資格勉強などに励むようにすることがポイントです。

社会性が縮小する時期と言われるため、好ましい環境にあるとは限りませんが、隙間時間でも構いません。

この時期は自然と勉強に身が入る時期ですので、この時期を逃さないようにしましょう。

ABOUT ME
黒彗星
黒彗星
当サイトでは四柱推命・スピリチュアル・パワーストーン・健康開運方法を解説しています。