天干

四柱推命の解説【戊の意味・性格・特徴】

天干
意味
戊(つちのえ)
山、堤防、大きな岩、大量の土、山脈、霊山
・陰陽が陽で五行が土に属する
・人に安心感を与える
・統率力はあるが梃子でも動かない

戊土の特徴と他の十干との相性

戊土は自然界で言うところの、山や大きな岩、堤防や大量の土などと表現されますが、大きな役割としては、大量の水である壬を堤防により川にすることや、樹木や草原である甲や乙が存在することにより、自然の豊かな山として、生物が住み着くかどうかということや、丙(太陽)の存在により山の季節感が決まるなど、他の十干との相性次第によりその景色は様々なものに変わります。

特に壬が激流となり、周囲を薙ぎ倒すような勢いを持つ時には、戊は堤防としての大きな役割を持ち、重宝されます。

また、戊(山)が水気を帯びておらず、とても固い場合では、甲により完全に剋せないため、まずは、水の五行により水分を含ませた後に、剋される必要があります。

どっしり構えているようなゆったりとした雰囲気の方から、出世竜と称される戊辰の方まで、様々な方がおられます。

人をつなげる戊の役割と組織の安定性

戊は人を育てることに役立つ組織性を持つ特徴があります。

リーダーシップは求められますが、向上心を持って引っ張る役目とは違い、着実なコミュニケーションにより、人と人をつなぐ安定させるような役割となります。

戊の方は、人をつなぐ存在となり、リーダーであれば、そのコミュニティーは比較的安定しやすくなると言えます。

このような意味では、人を育てる教育現場などで求められる存在です。

理想を高くする戊(山)の性質

戊(山)を持つと(めぐると)、理想が高くなると言われています。

まずは、ご自身の命式内に戊があるのか確認するようにしましょう。

その際には、各柱の蔵干にも目を向け、全体で戊が何個あるのか確認し、運命の流れでも巡ってきている時期なのかチェックしましょう。

その理想は、ご自身の運命を切り開くために、大きな糧になることもありますが、好ましくない方向に導かれる場合もあるため、適度な理想を描くように心がけることが大切です。

ABOUT ME
黒彗星
黒彗星
当サイトでは四柱推命・スピリチュアル・パワーストーン・健康開運方法を解説しています。