スピリチュアル

セレンディピティとは?偶然見つかる奇跡の発見と視点、シンクロニシティとの違いも解説!

セレンディピティとは一体何だろうか?

ビジネスや科学の世界で時々耳にするセレンディピティ。

ただ、不思議な作用をもつことは知っているけれども、正確な意味を理解していない人もいると思います。

セレンディピティを恋愛・科学でいかす方法などもありますが、そのようなセレンディピティについての概要、具体例を解説します。

セレンディピティとは?偶然に見つかる奇跡の発見と経験

セレンディピティとは?

セレンディピティとは、偶然起こるできごとから予想外の発見や幸福を引き寄せる能力を意味します。

セレンディピティ

予定調和のできごとの最中に、偶然な出会いや予想外の発見・経験をすることをセレンディピティと言います。探し物をしている時に、偶然に価値あるものを見つけてしまう際にも使われます。

セレンディピティは、「セレンディップと3人の王子」というおとぎ話の「セレンディップ」が由来です。

主人公である王子たちが、知恵や機転を駆使して困難を乗り越える様子から、「思わぬ発見をする力」の造語として作られました。

失敗、偶然見聞きしたできごとをヒントにして、発明・発見をするエピソードが多数あり、科学分野ではよく使われます。

セレンディピティの応用例とは?

セレンディピティによる発見や幸福の引き寄せは、日常生活の様々な場面で見られます。下記がセレンディピティの身近にある代表的な例えです。

・偶然目的としていなかった予想外の発見をした
・普段から目にしているものに対して新しい価値に気づいた
・探し物をしている最中、偶然別の素晴らしい発見をした

上記のように、セレンディピティを用いると、様々な出来事から偶然目的とは異なる新しい発見・解決策を思いつくことがあります。

例えば、コーラ・コーンフレーク・ポストイットは、偶然の失敗や間違いをもとに開発された製品として、セレンディピティにより生み出されたことが知られています。

セレンディピティの類語とは?

・シンクロニシティ
・直感力
・観察力
・洞察力
・ひらめき

上記のシンクロニシティとは、偶然起きたことをあるできごとと関連付けることを意味します。

セレンディピティは、偶然起きたことを流さずに深く考えるようにし、新しい発想や幸福を生み出す力であり、直感力や洞察力と似ていることを覚えておきましょう。

セレンディピティとシンクロニシティとの違い

セレンディピティとよく似ていて混同されがちな言葉がシンクロニシティです。

シンクロニシティとは、偶然の一致を示す言葉で共時性と言われます。例えば、欲しいと思うものが偶然手に入り、夢に出た人と実際に出会うことはシンクロニシティです。

偶然起きたと同時に、何らかの巡り合わせがあるという考え方です。

一方、セレンディピティとは、偶然起きたことから自分の手で幸福や成功をつかみ取る、意識的に成果をあげるための能力・行動(偶然の産物)です。

セレンディピティとシンクロニシティの違いとしては、自分の意思があるかどうかにあります。

偶然が重なるだけならシンクロニシティ、偶然をきっかけに行動し成果をあげる能力はセレンディピティです。

セレンディピティと出会いやすい人には、次のような特徴があると言われています。

・人が好き、社交性が高い
・好奇心旺盛である
・柔軟な考え方ができる
・洞察力、直感力が優れている

セレンディピティが上手くできるには、まずはきっかけとなるできごとが起こることが大切です。

人に会うことが好き、様々な物事に興味をもつ人がセレンディピティに出会いやすく、果敢に挑戦する人や積極的にコミュニケーションを取る人などもその機会が多くなります。

常に物事を深く考える癖や洞察力、直感力が優れていることも新たな発見のチャンスを逃さないために必要になります。

セレンディピティを恋愛に応用するには?

セレンディピティを恋愛に活用する方法としては、下記のような行動を試みることをおすすめします。

・積極的に人の誘いに乗る
・出会いがありそうな場に足を運ぶ
・自分からほかの人に話しかける
・相手の表情やしぐさを見逃さないようにする


自ら行動する機会を増やせば、それだけ運命的な出会いを果たすきっかけが増えていきます。

相手に興味を持って話しかけて表情を見てみると、相手との距離を縮める情報が偶然手に入る可能性を高めます。

セレンディピティは科学の発展において欠かせない存在です。セレンディピティを活用すれば、実験の失敗や何気ない出来事をきっかけにして、新しい原理を思いつき、発明品を生み出せることがあります。

例えば、下記は、セレンディピティにより発見、開発されました。

・万有引力の法則:リンゴが地面に落ちる様子を見て、科学者・ニュートンが考案。
・ペニシリン:カビ由来の抗生物質の一種。ブドウ球菌の研究中にカビが生えてしまったのが発見のきっかけ。
・電子レンジ:軍事用レーダーの実験中、近くに合ったチョコが溶けたのに注目して開発が始まった。


上記のように、実験ミスや一見関係ないことが起こるとき、セレンディピティに出会うチャンスだと言えます。単なる失敗で終わらず、十分に原因や原理について考えると発明のきっかけをつかめる可能性があります。

意識しすぎてしまい疲れてしまう場合

セレンディピティを意識しすぎてしまい、疲れてしまう場合などもあります。

単純な思考ではなく、偶然の発見を伴う奇跡的な発見であるため、多大なる生命エネルギーを使うものです。

スピリチュアルな視点から言うと、セレンディピティを期待して長い間考えすぎることは控えるべきだと言えます。

高いクリアな思考状態で奇跡的な結びつきを伴う発見が一度でもあれば十分であり、次に考える前に十分な糖分を取る等、休息を取ることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は偶然のできごとから成功を引き寄せる力、セレンディピティの概要・具体例を紹介しました。

未知なる新しい発想・発見や意外な幸福がもたらされるため、科学や恋愛など様々な場面で活用できる能力だと言えます。

セレンディピティを上手く活用し、あらゆる予定外のチャンスを掴み取りましょう。

今回ご紹介した、セレンディピティの出会い方・活用例を参考にしてください。

ABOUT ME
黒彗星
黒彗星
当サイトでは四柱推命・スピリチュアル・パワーストーン・健康開運方法を解説しています。